診療内容|三鷹市上連雀の松﨑整形外科医院

Medical content診療内容

整形外科

院長の専門である膝関節疾患、足部・足関節疾患をはじめとして、骨・筋肉・関節の障害により生じる様々な病状に対して整形外科専門医による的確な診断、治療を行います。

  • 骨折、脱臼、靱帯損傷、切り傷などの外傷の治療
  • 肩こり、手足のしびれ・痛み、腰痛、関節痛等の慢性期疾患
  • スポーツ外傷・障害
  • 小児整形外科
  • リウマチ、痛風、骨粗鬆症などの代謝性疾患

手術等の治療が必要な場合は、院長のネットワークを活かし、最善の専門医をご紹介いたします。

主な紹介先:慶應義塾大学病院、武蔵野赤十字病院、杏林大学病院、荻窪病院、東京医療センター、
防衛医科大学校病院等

リハビリテーション科

リハビリ室を拡張し(100㎡に迫る)、運動療法をはじめます。
これまで行ってきた牽引療法・温熱療法等の物理療法は引き続きご利用できますが、
新たに理学療法士による運動療法を開始します。

患者さん個人個人の問題点を把握し、個別にメニューを作成し、
運動療法をおこないます。薬物療法や物理療法では改善しなかった症状の緩和のみならず、再発予防にもつながります。

理学療法士(PT):ケガや病気などで体に障害のある人や、障害の発生が予測される人に対して、
基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、
自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職(国家資格)。
「座る、立つ、歩く」などの動作ができるように、体の基本的な機能の回復をサポートします。

スポーツのケガ

学生スポーツはもちろん、中高年の方のスポーツによる障害に対しての運動療法にも力をいれております。
自分でおこなう予防が大切であり、セルフコンディショニングの指導も行います。

膝・足の痛みについて

当院院長の専門分野であり、ご来院される患者さんの中でも大変多くみられる症状でもあります。
下肢の症状のなかでも特に多いのが、膝の痛みです。
膝関節痛によって動きが制限されると、生活の質は大きく下がってしまいます。
痛みを感じたら早めにご来院の上、専門医の診断を受けられることをお勧めいたします。

骨粗しょう症

骨粗鬆症については多くの方が関心を持つようになり、治療法もかなり進んできました。
しかし、正確に診断され、適切に治療されている患者さんの数は決して多くありません。
防げる骨折が防げず、骨折で苦しむ方が後を絶ちません。

院長はこれまでライフワークとして骨粗鬆症の研究を続けて参りましたが、
最先端の研究成果を踏まえた最適な治療を皆様に提供して参ります。

交通事故によるケガ

当院では、いわゆる「むち打ち症」(外傷性頸部症候群)や骨折、打撲をはじめ、交通事故に伴う様々なケガや痛み、体の不調などの検査・治療を行います。

診療カレンダー